ボディースキャナーで五輪テロ防止!旅客スクリーニング装置とは?

この記事は2分で読めます

どもども、真夏です。

東京オリンピックまで1年を切り、五輪関係の動きがいよいよ活発になってきましたね。ニュースでも「オリンピック」の文字を見ない日がだいぶ少なくなってきました。4年に一度のスポーツの祭典ですからね、それも当然のことでしょう。

しかしオリンピックということで祭気分で浮かれてばかりいるわけにもいかないのが現状です。テロとか起こったら怖いですよね。当然テロ対策も行われているようで、オリンピック中に主要都市にテロ対策装置が設置されるそうです。

そんなわけで、今回は「オリンピック中のテロ対策」に関するお話です。


スポンサードリンク

五輪期間中のテロ防止対策始まる

テロ防止のためにオリンピック期間中に旅客スクリーニングを行うことが決定しました。東京メトロと地下鉄の新宿・渋谷・池袋の3つの駅に「ボディースキャナー」を設置するそうです。

テロの防止に役立ってくれることを願うばかりですね!

そもそもスクリーニングって?

そもそもスクリーニングってなんでしょ?ウィキによると…

ふるい分けること。多数の中から特定の条件に合うものを抽出するために選別すること。

引用:Wikipedia

なるほどなるほど。つまり今回は旅客の中からテロを起こす可能性のある人物や所有物を抽出してふるいにかけるってことですね。

東京メトロにて実験済だった

これ、実は今年の3月に東京メトロで数日間の実験が行われているんですね、知らなかった。

詳しくはこちらの動画で紹介されていますのでぜひどうぞ!

なんか手動でピッピッてやる感じかな?と勝手にイメージしてたんですけど、これ全然違いますね。思いっきりハイテク装置じゃないですかw

これならいろいろ持ち込めなさそうで防げそう!とか思っちゃいますw


スポンサードリンク

設置される旅客スクリーニング装置はこれだ!

んで、東京メトロで実験された装置と同じものが導入されるなら、それはこちらになります。

出典:Response

名前をテラヘルツ波パッシブ型ボディスキャナと言って、重量は約25キロだそうです。

人や物から自然放射されるテラヘルツ波(電磁波の一分類)を映像化し、服の下に隠し持つ物を検出します。旅客を停止させず、リアルタイムで連続的に検査が可能です。当該装置は、ボディスキャナの中では軽量かつ低消費電力で、機動性が高く、小さなスペースでも設置が可能です。
なお、パッシブ型は、人から自然放射されるテラヘルツ波を受けるだけであり、装置から人にテラヘルツ波を照射するのではないため、人体に無害です。

引用:テラヘルツ波パッシブ型ボディスキャナの概要

テラヘルツ波ってのは人畜無害なんですね。だったら装置から浴びても安心w

まとめ

せっかく東京で開催される祭典の東京オリンピックです。いろいろ問題が指摘されてはいますが、テロ等「命を脅かす」ような事故はぜひとも皆無で開催されてほしいものです。テラヘルツ波パッシブ型ボディスキャナに安全確保の一端を担っていただけるとありがたいですね。

では今回はこのあたりで。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。