バレンティン国内FA権取得!過去に取得した外国人も調べてみた

この記事は3分で読めます

どもども、真夏です。

ヤクルトスワローズのバレンティン外野手が17日に国内フリーエージェント権を取得しますね。いや、めでたい!ちょっと調べてみたら過去に国内フリーエージェント権を取得した外国人選手は9人いるそうです。えっと…全員はわからないなw

そんなわけで、今回は「過去に国内フリーエージェント権を取得した外国人選手」に関するお話です。


スポンサードリンク

国内フリーエージェント権利とは?

そもそもの話から入ります。国内フリーエージェント権利って何かご存知でしょうか?詳しくは「野球協約第11章」だかに細々と記載してあるんですが、簡単に言うと『日本国籍を持たない外国人選手が選手契約締結以後、日本プロフェッショナル野球組織が定めるフリーエージェント資格を取得した者』ということなんですね。

んでどんな扱いになるかというと、取得した年の翌年から外国人枠を外れる扱いになります。つまり国内の選手と同様の扱いになるわけですね。

過去に国内FA権を取得した外国人がこちら

冒頭にも書いたけど、この国内FA権を取得した外国人選手は過去に9人存在します(バレンティン選手が10人目)。誰が取得したのか時系列で見ていきましょう。これ、懐かしい外国人助っ人が並びますので「おお!」ってなるかもしれませんよ。ぼくはなりましたw

郭泰源

【FA取得年】1996年(西武所属時)

タフィ・ローズ

【FA取得年】2004年(巨人所属時)

アレックス・ラミレス

【FA取得年】2008年(巨人所属時)

アレックス・カブレラ

【FA取得年】2009年(オリックス所属時)

ブライアン・シコースキー

【FA取得年】2010年(西武所属時)


スポンサードリンク

 

許銘傑

【FA取得年】2011年(西武所属時)

ホセ・フェルナンデス

【FA取得年】2011年(西武所属時)

ジェイソン・スタンリッジ

【FA取得年】2017年(ロッテ所属時)

ランディ・メッセンジャー

【FA取得年】2018年(阪神所属時)

ウラディミール・バレンティン

【FA取得年】2019年(ヤクルト所属時)

以上、全10選手をズラっと並べてみましたが、これそうそうたるメンバーですよねぇ。ぼくは個人的には郭泰源とか懐かしすぎましたw

まとめ

バレンティン選手はなんといっても2013年にあの王貞治さんを抜き年間ホームラン数60本という大記録を打ち立てた超絶スラッガーですからね。これからも日本のプロ野球で活躍して盛り上げていただきたいところです!

では今回はこのあたりで。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。