ミキの1回50万のツイートって?京都市と吉本のPR契約とは?

この記事は5分で読めます

どもども、真夏です。

闇営業問題にチュート徳井さんの所得隠し問題と、ここ最近なにかと話題性の多い吉本興業。

その吉本興業と京都市が市のPR活動の一環として、破格の業務契約を結んでいたそうです。

ぼくたち一般人と芸能界の金銭感覚は結構な温度差があると思うんですよね。ただ、あまりに高額かどうかってのはなんとなく判断つくと思いますけどw

そんなわけで、今回は「京都市と吉本興業のPR契約」に関するお話です。


スポンサードリンク

京都市が吉本興業にPRを依頼

京都といえば日本を代表する人気観光地。グルメや観光名所も多く、外国人観光客にも人気がありますよね。

794年の平安京遷都から約1200年ものあいだ日本の都として栄えた街なので日本古来の「和」を感じられるエリアとして人気なのも充分うなずけますよね。

出典:京都市交通局

そんな京都市ですが、吉本興業と地元PRのための業務契約を結んでいたようなんですよね。

その内容が「吉本興業に所属する芸人さんにツイッターを使ってツイートしてもらうこと」だそうで、

その内容がツイート1回につき50万円!

これってめっさ高額なんじゃないですかね?

お笑いコンビミキがツイートを担当

その京都PRのツイートをしたのがお笑いコンビの「ミキ」です。

お笑いコンビ「ミキ」って?

出典:吉本興業

ミキといえば兄の「昴生」さんと弟の「亜生」さんによる兄弟漫才コンビで、お笑い第七世代と言われてますよね。

余談ですが、お笑い第七世代の定義って超あいまいなんですよね。

得に第6世代があるわけではなく、2010年代後半から活躍する若手お笑い芸人を指す俗称だったりしますね。

霜降り明星のせいやさんが思いつきで「第七世代!」と発言したことによると言われていますww

ま、ま、そのあたりはいいとして、漫才動画を貼っておきますね。

見たことない方はぜひご覧になってみてください。

ミキのPRツイートの内容は?

さて、そんなミキさんのPRツイートってどんなものだったんでしょうかね?

これ、今年の話ではなくて、昨年の2018年のツイートなんだそうですね。

市は18年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、同年度によしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を結んだ。

引用:京都新聞

というわけで、お笑いコンビミキさんのお二人亜生さんと昴生さんの昨年のツイートを掘ってみたら、

ちゃんと残ってましたよ!

まずは亜生さんのツイートがこちら

そして昴生さんのツイートがこちら

これ、「京都市盛り上げ隊」というハッシュタグを付けてツイートすることが京都市と吉本興業の契約内に条件として盛り込まれていたようですね。

お二人とも律儀に「京都市盛り上げ隊」と書かれていますw


スポンサードリンク

 

PR効果はあったのか?

このツイート1本につき50万円ってことなんですよね。

ぼくは「めっさ高額だなぁ」と感じたんですが、みなさんどう感じますかね?

これ、京都市が市の政策の一環としておこなっているわけですから、京都市民の血税が使用されているわけですよね。

京都市民の方は果たしてこのツイート1本に50万円の価値があると判断して満足されるんでしょうかね?

ぼくなら「ちょっとわけわかんないし…」的な感じで嫌悪感ありますけどww

んで、これ、このツイートによるPR効果のフィードバックってあったんでしょうか?

一歩間違えば「ステマ」とも取られかねないツイートに1回50万円かけて、どれだけのPR効果があったのか?その点をフィードバック検証していないとしたら、そのことのほうがよっぽどもって問題なんだと思います。

もちりんフィードバック検証による結果の報告は京都市民に報告すべきだとも思うんですよね。

ミキのツイートに対する世間の反応は?

京都市と吉本興業の業務契約によるミキの1回50万円のツイートに対する世間の反応はどうなっていますかね?

やはり批判的なツイートが多くなっているようですね。

ちょっと契約の内容がまだ不透明な部分が多いかなと思うのでそうなりますよね。

まとめ

京都市が吉本興業と業務契約してお笑いコンビのミキさんがPRを1回50万円でツイートしていたようです。

これ、お二人で計4回ツイートされているので、200万円ってことなんですかね?

しかもお二人のツイートには「PR広告です」的な書き込みがなかったことも、問題点のひとつなんじゃないかなと思いますね。

これちょっと今後が気になりますね。また動きあれば記事を追加したいと思います。

では今回はこのあたりで。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。