このハゲー発言の豊田真由子N国から出馬?現在や擁立の噂を調査

この記事は4分で読めます

どもども、真夏です。

先日の参議院選から変わらず良くも悪くもN国党が話題を振りまいていますね。

昨日もホリエモンがN国党の公認候補者になった件をお伝えしたのですが、本日は元衆議院議員の豊田真由子さんを擁立へというニュースが入ってきました。豊田真由子って、もしや「あの発言」で有名な豊田真由子さん?

そんなわけで、今回は「豊田真由子がN国から出馬するかも?」に関するお話です。


スポンサードリンク

豊田真由子元議員、覚えてますか?

2017年、秘書に「このハゲー!」と罵声を浴びせるなどし、パワハラ問題としてマスコミに大々的に取り上げられ、存分に叩かれまくった人がいました。

はい、当時衆議院議員だった豊田真由子さんその人です。

出典:Business Journal

ほんと連日テレビの情報番組で報道され」まくっていたので記憶に残っている方も多いでしょうね。

あまりテレビをみないぼくでも、豊田真由子さんのあの「このハゲー!」の音声はめっさ耳にしましたし、記憶に残っちゃっていますw

特に「品の無さ」がクローズアップされたため、議員としての品格とかそのあたりを厳しく追求されていたのを覚えてますね。

いまさらですが、あの発言って残っているのかなぁ?と動画検索してみたらあったので置いておきますので、ちょっと記憶から消えちゃってる方は視聴してみてくださいw

はい、思い出しましたねww

ちなみに豊田真由子さんのその他の暴言動画もありますので、お時間あればどうぞ。

と、まぁこんな感じで暴言吐きまくった結果として、マスコミの格好のターゲットとなり世論を巻き込んで叩かれまくった豊田真由子さん。

その年の10月の総選挙に無所属で出馬しましたが、立候補者5人のうち最下位で落選されました。

うん、残当ですねww


スポンサードリンク

 

N国党が出馬を要請した模様

そんな豊田真由子さんに、N国党が正式に出馬要請をしたようです。

先日の立花党首のYouTubeには「ぜひN国から出馬してもらいたい」的な動画がアップされてるんですよね。

立花党首まで「ハゲー!」と叫んでいるのでちょっとウケましたがww

んで、この出馬要請が現実のものとなってきた、というわけです。

N国は9月から豊田側へ打診を続けていたが「1日に、豊田氏から党幹事長の上杉隆に連絡が入った」と党首の立花孝志参院議員(52)は明らかにした。豊田氏は出馬の是非について言及していない、という。N国側は豊田氏獲得に本腰を入れる。

引用:日刊スポーツ

なお、豊田真由子さんが前向きかどうかは不明、とのことなので、これからどうなりますかね?

豊田真由子の現在は?

出典:とよた真由子公式ブログ

このハゲー!暴言で世間を騒がせてしまった豊田真由子さん。

今回N国からの出馬要請で再び脚光をあびそうですが、現在はどうしていらっしゃるんでしょうね?

ツイッターアカウントをお持ちなのでちょっと覗いてみたところ

最新投稿は2017年(あの騒動のあった年)の6月5日となっていました。

ブログの方も2017年6月19日以来更新されていないようです。

彼女には旦那さんとお子さんが二人いらっしゃるんですが、旦那さんは2017年にインタビューに答えて次のように語っています。

本人は本当に反省しています。秘書の方、選挙区の方々、支援者の方、世間の方、子供たちに対して申し訳ないと思っています。すごく反省していると、本人も言いたくてしょうがないと思います。でも今は精神的にそんな状況ではありません。もうちょっと時間がかかると思います。

引用:週刊現代

あれから2年経過しているので現在は入院している可能性は低いかと思われますね。

豊田真由子さんが肉体的にも精神的にも政治活動可能と踏んだのでN国党側も出馬要請を出したのでしょう。

豊田真由子への世間の反応は?

N国から豊田真由子さんに出馬要請が出ていることに対する世間の反応はどうなっていますかね?

おっと、さすがに豊田真由子さんを擁立するにあたっては厳しい意見が多いですね。

やはり、パワハラ問題を起こしちゃった人は復帰することがなかなか難しいんでしょうかね。

まとめ

「このハゲー!」で有名な豊田真由子さんにN国から出馬要請があり本格的に擁立の方向で動き出しています。豊田真由子さん側からはまだ反応がないのでなんとも言えませんが、立花党首の動き次第では「N国党の豊田真由子」が誕生するやもしれませんね。

今後の動向に注目です!

では今回はこのあたりで。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。