パタハラって何?定義や問題点、実被害や世間の意見を調べてみた

この記事は3分で読めます

どもども、真夏です。

ここ最近「パタハラ」って言葉を何回か耳にする機会がありました。みなさんはどうですか、聞いたことあります?聞いたときの予想では「何かのハラスメントなのかな?」って感じだったんですが、はて?詳しくはわかりません。そこでちょっと調べてみましたよ。

そんなわけで、今回はパタハラに関するお話です。


スポンサードリンク

パタハラってなに?

まずはここから。「ハラ」はハラスメントの略かなと想像つくんだけど「パタ」がわかんないんですよね。パタ…なんだろ?

ごめんなさい、ぼくも「パタリロ」?と一瞬思っちゃいましたww

んでですね、正しい意味はこちらです。

パタニティとは、Paternity(父性)の意味。
男性社員の育児休業制度等の利用に関して、
上司・同僚からのいやがらせを指します。

具体的には、育児休業取得を拒んだり、
育児休業取得を理由に降格させるなどといった
行為が典型です。引用:en人事のミカタ

なるほど。パタってのはパタニティ、つまり父親って意味なんですね。男性社員の育児休暇利用に対する嫌がらせ問題か…あるあるですね。

なぜパタハラが起こるのか

なぜパタハラって起こるんでしょうね?個人的な意見なんだけど、日本っていまだに「男子は外で働くもの」って妙な古臭い常識があるじゃないですか。その古い感覚が「男のくせに育休取るの?」といったパタハラを引き起こしてるんじゃないでしょうかね。そしてこれ、雇う側にも雇われてる側にも共通して発生する問題なので、結構根が深い問題なんだと思うんですよね。

最近のパタハラ実例

パタハラは実際に起こってるんですよね。ちょっと実例を見てみましょう。

うむ、実に多い。笑いごとではないレベルで起こってますね。働く男子としてはこれは結構な問題だと思いますね。

パタハラに対する世間の意見は?

パタハラに対してみなさんはどんな意見を持ってるんでしょう。ぼくは育休は働く男子として当然の権利だし、それを認めなくて嫌がらせや左遷しちゃうよな会社とはサヨナラしますけどね。

この方の旦那さんなんて思いっきりパタハラじゃないっすか!これはひどい…

みなさん結構「不安」が多いみたいですね。それだけパタハラが横行してるってことなんでしょう。

ちなみにぼく自身は子供産まれたときはまとまった育休自体は取らなかった(いや取れなかったが適切かな)けど、やれ3ヶ月検診だなんだかんだと強引に休んでましたね。会社側の意見とか聞いてたら父ちゃんやってらんないだろ!と思ってたのを覚えてますww

まとめ

パタハラはマタハラと同等に根の深い問題です。これからの日本を支えていく労働者のためにも職場環境の改革が必要な会社が多いんじゃないでしょうか。大企業とか中小企業とか関係なく、そういった点にしっかりと取り組んでいくことが会社の繁栄、ひいては国の繁栄に繋がると思うんですけどね。

では今回はこのあたりで。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。