パトリックデイ(プロボクサー)KO負け後に死亡!試合動画は?

この記事は3分で読めます

どもども、真夏です。

全国各地で格闘技イベントが行われている昨今。

日本でも、RIZINやK-1、ボクシングなど多種多様な格闘技が人気を博していますよね。

エキサイティングな試合が繰り広げられるわけですが、その裏には生命を脅かす危険性が潜んでいるということをついつい忘れがちだったりします。

今回プロボクシングの試合でKO負けした選手が、意識不明の重体に陥り、そのまま帰らぬ人となってしまうという痛ましい事故が起きてしまいました。

そんなわけで、今回は「KO負け後に死亡したパトリックデイ」に関するお話です。


スポンサードリンク

パトリックデイはどんな人?

パトリックデイ選手はアメリカニューヨーク出身の27歳。

アマチュア時代には全米選手権で二度の優勝を経験し、ロンドンオリンピックでは補欠として参加していました。

プロに転向してからの戦績は17勝(6KO)4敗1分け。

2017年にはWBC米大陸スーパーウェルター級王者にもなっています。

出典:web Sportiva

この写真をみてもわかるように、実はパトリックデイ選手、

ロンドンオリンピックミドル級金メダリストで現WBA世界ミドル級王者の村田諒太選手のスパーリングパートナーを務めていた方なんですよね。

つまり、日本でも非常に馴染みの深い選手だといえます。

10月12日の試合でKO負け

試合内容は?

パトリックデイ選手は10月12日にアメリカイリノイ州のシカゴでチャールズ・コンウェル選手と対戦しました。

4回と8回にダウンを奪われ、10回には強烈な左フックを受けてダウン。

レフリーが10回1分46秒で試合をとめ、TKO負けを喫しました。

出典:コンポジットビデオ

ダウンしたまま動けなくなったパトリックデイ選手は意識不明のままタンカで搬送される事態に…

出典:AFP BB NEWS

そしてそのまま16日に帰らぬ人となってしまいました。

試合動画は?

試合動画はあるのか探してみたところ、解説付きでYouTubeに上がっていましたのでシェアしておきます。

日本にも馴染みの深いプロボクサーの訃報…辛い出来事ですよね。

村田諒太選手からコメントも出たりするんでしょうか?

もしコメント等出た場合には記事追加したいと思っています。


スポンサードリンク

パトリックデイの訃報を受けて

パトリックデイ選手の訃報を受けて世間はどんな反応になっているでしょうか?

突然の悲報に悲しみに暮れるコメントで埋め尽くされてますね。

まとめ

村田諒太選手のスパーリングパートナーであるパトリックデイ選手が帰らぬ人となってしまいました。

ボクシングは格闘技である以上多少の「危険」が伴うのは仕方のないことかもしれませんが、パトリックデイ選手はまだ若いです。

若い生命が奪われてしまうような事態は避けないといけないんじゃないですかね?世界的なボクシング機構のような組織がなんらかの手を打ってくれることを祈るばかりです。

では今回はこのあたりで。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。