孫楊、表彰台で記念撮影を拒否される!果たしてその原因は?

この記事は2分で読めます

どもども、真夏です。

世界水泳が盛り上がってますね。実はぼく、元スイマーなので今でも水泳にはわりと興味あったりします。

んでですね、今回23日に行われた競技の表彰式で選手同士が一触即発の事態に陥ったなんて物騒な記事を目にしたんですよ。うーん、一体何があったんでしょうね?

そんなわけで、今回は世界水泳表彰台におけるトラブルについてのお話です。


スポンサードリンク

表彰式の記念撮影を拒否?

事件は男子200メートル自由形の表彰式にて起こったようです。同種目で優勝した孫楊選手らが表彰台にあがり記念撮影していたところ、銅メダルを獲得したダンカン・スコット選手が一緒に写真撮られるのを拒否w

これ、ここだけ聞くと「負けた悔しさ」で拗ねてんの?みたいな印象を受けません?果たしてどうなんでしょうかね?

とりあえず動画あったんでそちらをご覧ください。

えっと…なんだか孫楊選手のが煽ってるように見えません?動画のタイトルにもあるけど‘You loser, I’m a Winner’(お前は敗者だ、勝者は俺だ!)的な感じで煽ってると思うんだけど、どうでしょう?対してダンカン・スコット選手はいたって冷静にスカしてる感じでなんとも不思議な構図ww

記念撮影拒否騒動は繰り返されていた

これ、実は布石があったんですね。男子400メートル自由形でも孫楊選手が優勝して、同じように他選手から写真撮影拒否されてるんです。

その動画がこちらです。

孫楊選手…シカトされすぎぃぃwww

でもなぜみなさん孫楊選手に対してここまで冷遇するんでしょう?ダンカン・スコット選手に関しては表彰式後のインタビューで「僕らの競技を尊重しない男に、どうして敬意を払う必要があるんだ?」なんて答えてるみたいですし。

んん?「僕らの競技を尊重しない男」ってどういう意味だ?これはもしや孫楊選手って過去になにかやらかしてる?

孫楊が総スカン喰らってる理由はこれだ!

そう思ったのでちょっと調べてみたらありましたありました!これですね、孫楊選手に対する風当たりが強い理由は。

【7月14日 AFP】問題児と称されることもある中国競泳界のエース孫楊(Yang Sun、ソン・ヨウ)が、金づちで自身の血液検体(サンプル)を破壊していたと、14日の豪紙が報じた。

 国際水泳連盟(FINA)のドーピングパネルがまとめた報告書を入手したという豪紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)によれば、五輪で3個の金メダルを獲得している孫は2018年9月、浙江(Zhejiang)省の別荘で行われた抜き打ち検査で、採取された血液サンプルを警備員と一緒に壊したという。

 FINAはこの件で孫に違反はなかったとの判断を下し、今週開幕する世界水泳選手権(FINA World Championships)の出場を許可しているが、他選手からは追放すべきだという怒りの声があがっており、世界反ドーピング機関(WADA)もスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てを行っている。引用:AFP

うーん、ドーピング疑惑があるんですね…しかも自身の血液サンプルを金づちで破壊するとかどんだけwww

これ、黒じゃなくても黒なんじゃないか?って疑われても仕方ない行為ですよね…こわいこわい。

いずれにしても、ダンカン・スコット選手が「僕らの競技を尊重しない男」と呼んで、また、他選手からも写真撮影拒否られる原因は孫楊選手のドーピング疑惑とその血液サンプル破壊という不可思議な行動にあるわけです。

まとめ

スポーツやってて勝ちたい気持ちはわかりますが、ドーピングはルール違反だし、たとえやってなくても血液サンプル叩き壊したりする行為はNGだと思いますね。やってないならやってないで堂々としてりゃいいのになぁ。

では今回はこのあたりで。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。